コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴルドマン Goldmann, Lucien

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴルドマン
Goldmann, Lucien

[生]1913.7.20. ブカレスト
[没]1970.10.2. パリ
フランスの哲学者,評論家。ルーマニアに生れ,ブカレスト大学,ウィーン大学を経て,パリ大学で法律と文学を学ぶ。フランス国立科学研究センターで研究を続け,1958年からエコール・プラティックで文学および哲学の社会学的研究を講義。ルカーチとフランス構造主義人類学,社会学の影響のもとに,文学作品の構造と社会構造の関係を追究。主著に,17世紀フランスのジャンセニズムの思想を扱った『隠された神』 Le Dieu caché (1955) ,近代小説を対象とした『小説の社会学』 Pour une sociologie du roman (64) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴルドマン
ごるどまん
Lucien Goldmann
(1913―1970)

ルーマニア出身のフランスの思想史家、哲学者。ブカレスト、パリ、チューリヒなどで法学、文学、哲学を修めたのち、フランス国立科学研究所の研究員を経て高等研究院の教授となる。哲学史や文学史の研究における文献的、伝記的考証の重視を克服するために「世界観」という方法概念を導入し、その具体化として、17世紀ジャンセニスムの「悲劇的世界観」とパスカル、ラシーヌの作品との構造的対応性を検証する。また、初期のG・ルカーチの弁証法思想を近代哲学史上の画期をなすものととらえつつ、彼の方法を人間科学の諸領域に生かすべく「精神の社会学」sociologie de l'espritを構想する。フランスの知的世界にルカーチ思想を初めて本格的に紹介し、自らも実存主義と構造主義との対抗を超える哲学的営為を続けた。主要著作に『隠れたる神』(1956)、『弁証法論考』(1959)、『ルカーチとハイデッガー』(1973)などがある。[安孫子誠男]
『L・ゴルドマン著、川俣晃自訳『人間科学の弁証法』(1971・イザラ書房) ▽山形頼洋・名田丈夫訳『隠れたる神』上下(1972、1973・社会思想社) ▽川俣晃自訳『ルカーチとハイデガー――新しい哲学のために』(1976・法政大学出版局)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ゴルドマンの関連キーワードゴールドマン(Lucien Goldmann)ヌーベル・クリチック7月20日クリステバ川俣晃自新批評