コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴルドマン ゴルドマン Goldmann, Lucien

2件 の用語解説(ゴルドマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴルドマン
ゴルドマン
Goldmann, Lucien

[生]1913.7.20. ブカレスト
[没]1970.10.2. パリ
フランスの哲学者,評論家。ルーマニアに生れ,ブカレスト大学,ウィーン大学を経て,パリ大学で法律と文学を学ぶ。フランス国立科学研究センターで研究を続け,1958年からエコール・プラティックで文学および哲学の社会学的研究を講義。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴルドマン
ごるどまん
Lucien Goldmann
(1913―1970)

ルーマニア出身のフランスの思想史家、哲学者。ブカレスト、パリ、チューリヒなどで法学、文学、哲学を修めたのち、フランス国立科学研究所の研究員を経て高等研究院の教授となる。哲学史や文学史の研究における文献的、伝記的考証の重視を克服するために「世界観」という方法概念を導入し、その具体化として、17世紀ジャンセニスムの「悲劇的世界観」とパスカルラシーヌの作品との構造的対応性を検証する。また、初期のG・ルカーチ弁証法思想を近代哲学史上の画期をなすものととらえつつ、彼の方法を人間科学の諸領域に生かすべく「精神の社会学」sociologie de l'espritを構想する。フランスの知的世界にルカーチ思想を初めて本格的に紹介し、自らも実存主義構造主義との対抗を超える哲学的営為を続けた。主要著作に『隠れたる神』(1956)、『弁証法論考』(1959)、『ルカーチとハイデッガー』(1973)などがある。[安孫子誠男]
『L・ゴルドマン著、川俣晃自訳『人間科学の弁証法』(1971・イザラ書房) ▽山形頼洋・名田丈夫訳『隠れたる神』上下(1972、1973・社会思想社) ▽川俣晃自訳『ルカーチとハイデガー――新しい哲学のために』(1976・法政大学出版局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴルドマンの関連キーワードブカレストリパッティプレストクルテアベケ教会神戸屋レストランフレストレストレス・ガンクレスト線ブカレスト条約(バルカン戦争)ブカレスト条約(露土戦争)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone