コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴルバートフ ゴルバートフGorbatov, Boris Leont'evich

3件 の用語解説(ゴルバートフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴルバートフ
ゴルバートフ
Gorbatov, Boris Leont'evich

[生]1908.7.15. ドンバス
[没]1954.1.20. モスクワ
ソ連の小説家。 1922年から創作を始め,生地ドンバスのプロレタリア作家同盟の組織に参加。最初の中編小説『党細胞』 Yacheika (1928) で 20年代のコムソモール員の生活を描いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴルバートフ
ごるばーとふ
Борис Леонтьевич Горбатов Boris Leont'evich Gorbatov
(1908―1954)

ソ連の小説家。ドンバスの生まれ。最初の中編『党細胞』(1928)で、1920年代のコムソモール(共産主義青年同盟)の活躍を描き、その後一貫して、働く青年や党、コムソモールの活動などを描き続けた。第二次世界大戦中は従軍記者となり、戦後46年にシーモノフとともに来日。中編『不屈の人々』(1943)は、ドイツ軍占領下のソ連民衆の抵抗を描いたもので、46年度のソ連国家賞を受けた。さらに長編『ドンバス』(第1部1951)は、20年代のスタハノフ運動を描くものであり、その特異な構成によっても好評を得た。死後、戯曲『一夜』(1956)が発見されている。[草鹿外吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ゴルバートフの関連キーワード監獄法新聞小説光緒帝クリーマーロマンワインガルトナー井上光ウェルニーエアトン小河滋次郎

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone