ゴンザレス(Luis Emilio Gonzalez)(読み)ごんざれす(英語表記)Luis Emilio Gonzalez

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴンザレス(Luis Emilio Gonzalez)
ごんざれす
Luis Emilio Gonzalez
(1967― )

アメリカのプロ野球選手(右投左打)。大リーグ(メジャー・リーグ)のヒューストン・アストロズシカゴ・カブスデトロイト・タイガースアリゾナ・ダイヤモンドバックス外野手としてプレー。2001年にダイヤモンドバックスが初めてワールド・シリーズを制覇したときは、打線の中心として活躍した。

 9月3日、フロリダ州タンパで生まれる。南アラバマ大学から1988年、ドラフト4巡目指名を受けてアストロズに入団した。1990年に大リーグへデビューし、翌年からレギュラーとなるが、1993年の打率3割、ホームラン15本、打点72、盗塁20が自己最高の成績という中堅選手であった。1995年のシーズン途中でカブスへトレードされ、97年にアストロズ復帰、翌年はタイガースとチームを渡り歩いた。ダイヤモンドバックスへ加入した1999年にはリーグ最多の206安打を放ち、打率3割3分6厘、打点111の好成績をマーク、2000年にはホームラン31本を放ち、初めて打率3割30本塁打100打点の大台にのせ、サイクルヒットも記録した。2001年にはさらに、球団新記録のホームラン57本、同タイ記録の打点142をあげ、チームの優勝に大きく貢献した。ニューヨーク・ヤンキースとのワールド・シリーズでは、最終第7戦にサヨナラヒットを打ち、史上最速となる球団創設4年目での世界一を決めた。2002年はやや不調で打率は3割を切り、ホームラン30本には届かなかったが、打点103で4年連続の100打点を達成した。2003年は打率を3割の大台にのせ、5年連続の100打点もマークする活躍でオールスターに選出された。2004年の途中に肘(ひじ)を痛めて以降、打撃成績は下降ぎみであったが、06年4月18日対サンフランシスコ・ジャイアンツ戦で通算500本目の二塁打を記録。史上21人目の「通算300本塁打、500二塁打」を達成した。シーズン終了後、FA(フリーエージェント)でロサンゼルス・ドジャースに移籍した。

[出村義和]

2007年以降

ドジャースでプレーした2007年は139試合に出場し、打率2割7分8厘、打点68。9月には通算2500本安打を記録した。13年連続2桁ホームランはクリアしたが、前年と同数の15本で終わった。2008年からはフロリダ・マーリンズでプレー。

 2007年までの通算成績は、出場試合2455、安打2502、打率2割8分4厘、本塁打346、打点1392。獲得したおもなタイトルは、最多安打1回。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android