コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大台 おおだい

3件 の用語解説(大台の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

大台

相場の状況を指す。10円台は小台、100円台は大台、1000円台を大大台という。ただし、一般的には株価の桁が変わる際に用いられる。大台を上回ることを、大台「乗せ」、逆に下回ることを、大台「割れ」と呼ぶ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おお‐だい〔おほ‐〕【大台】

株式相場で、100円を単位とした値段の区切りをいう。10円を単位とした「台」に対する語。「八〇〇円に大台替わりした」
金額・数量などで、大きな区切りや目安になる境目。「二兆円の大台を突破した予算」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おおだい【大台】

株式相場で、10円単位で示す「台」に対し、100円単位でとらえた投資家の目安となる単位。商品市場の穀物・生糸などは1000円単位をいう。 →
金額や数量の大きな変わり目となる数値や桁けた。 「売上げが一兆円の-に乗った」
仕出し屋が台の上にのせて遊女屋に運んだ料理のうち、最も大きくて豪華なもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大台の言及

【取引所】より

…たとえば500円台,1000円台というように。〈大台〉は相場値段のうち頭の数字をいう場合と,10円刻みに対し100円刻みをいう場合とがある。また相場の頭の数字が替わることを〈台替り〉という。…

※「大台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大台の関連キーワード空米相場先が見える底這い台割れ場面台替りボックス圏相場固定相場制(Fixed Exchange Rate System)模様眺め(もようながめ)押し目

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大台の関連情報