フロリダ・マーリンズ(読み)ふろりだまーりんず(英語表記)Florida Marlins

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フロリダ・マーリンズ
ふろりだまーりんず
Florida Marlins

アメリカのプロ野球球団。ナショナル・リーグ所属(東地区)。フランチャイズをフロリダ州マイアミに置き、ドルフィン・スタジアムを本拠地としている。
 ナショナル・リーグの球団数拡張が行われた1993年に新球団として誕生し、東地区に配属された。両リーグ3地区制となった翌94年からも東地区所属。トレードやFA(フリーエージェント)で実績のあるベテラン選手を徐々に集め、ケビン・ブラウンKevin Brown(1965― )とアル・ライターAl Leiter(1965― )の両投手が加入した1996年には3位となった。翌97年は計8900万ドルを投じて大補強を行い、ボビー・ボニーヤBobby Bonilla(1963― )、モイセス・アルーMoises Alou(1966― )という強打者らを加入させ、さらにピッツバーグ・パイレーツで名将とよばれたジム・リーランドJim Leyland(1944― )監督も招聘(しょうへい)。ワイルドカード(リーグごとに各地区優勝チーム以外の最高勝率チームに与えられるプレーオフ進出の権利)でプレーオフに進出、ディビジョン・シリーズでサンフランシスコ・ジャイアンツを降し、アトランタ・ブレーブスにも勝ってリーグ優勝。ワールド・シリーズではクリーブランド・インディアンスと対戦し、最終第7戦の延長11回裏にサヨナラ勝ちして「世界一」となった。ワイルドカードのチームがワールド・シリーズに勝ったのは、史上初めてであった。その年のシーズンオフから、財政的な理由で主力選手を次々に放出。1998年からは一転して、2年連続最下位となった。だが、若手を中心に戦力を再構築、2003年にふたたびワイルドカードでプレーオフに進出し、ワールド・シリーズまで駒を進めて、松井秀喜のいるニューヨーク・ヤンキースと対戦。4勝2敗で2回目の「世界一」に輝いた。その原動力となったのは、攻守にわたってチームを牽引(けんいん)したイバン・ロドリゲスである。2005年からは本拠球場をプロ・プレーヤー・スタジアムから現名称に改称した。[山下 健]

2005年以降

2005年はなんとか勝率5割を超えたが地区3位にとどまり、続く06年は4位、07年は最下位に終わった。
 1993年から2007年までの通算成績は、1112勝1251敗、地区優勝0回、リーグ優勝2回、ワールド・シリーズ優勝2回。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android