コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴードンパリン寺院 ゴードンパリンじいん

1件 の用語解説(ゴードンパリン寺院の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ゴードンパリンじいん【ゴードンパリン寺院】

ミャンマー中央部、バガン(Bagan)の仏教遺跡群の考古学博物館近辺にある寺院。ここには、1174~1211年に、バガン王朝のナラパティシートゥー王とその息子のティーローミィンロー王が建造した高さ60m弱の美しい塔がある。この塔はバガンの遺跡群の中ではタビニュ寺院に次いで2番目の高さで、また、ここにある大仏も遺跡群の寺院の中で2番目の大きさである。寺院のテラスからは、エーヤワディー川イラワジ川)やバガンの町を見渡すことができる。1975年の地震で大きな被害を受けたが、修復が行われ、以前の姿を取り戻している。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴードンパリン寺院の関連キーワードパガンピンマナミャンマーミャンマーとビルマミャンマーのサイクロン被害ミャンマーの少数民族と武装勢力ミャンマーのゾウ在日ミャンマー人ミャンマーの少数民族アラカン[州]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone