ゴールデン・グラブ賞(読み)ごーるでんぐらぶしょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴールデン・グラブ賞
ごーるでんぐらぶしょう

日本のプロ野球において守備で活躍した選手に贈られる賞。1年間を通し、守備力でチームに貢献した選手を、セントラルとパシフィックの各リーグからポジションごとに1人、計9人ずつ選出している。両リーグの公式表彰に準じた特別賞にあたり、正式名称は三井ゴールデン・グラブ賞。受賞選手にはトロフィーと賞金50万円が贈られる。トロフィーは受賞選手が愛用するグローブやミットを模した、黄金色の革製である。選考対象となるのは、投手では規定投球回数(144回)以上を投球するか、所属チームの年間試合数のうち3分の1(48試合)以上で投球した選手、捕手や野手では、所属チームの試合のうち2分の1(72試合)以上を同一のポジションで出場した選手。選考は、新聞社、通信社、テレビとラジオの放送局に所属し、プロ野球を5年以上担当している記者による投票で行われる。
 ゴールデン・グラブ賞は、1972年(昭和47)にダイヤモンドグラブ賞として創設され、1986年に現在の名称になった。守備のベストナインともよばれる。
 アメリカの大リーグには、ナショナル・リーグとアメリカン・リーグの各リーグを対象とした同様な趣旨の、ローリングス・ゴールドグラブ賞がある。1957年に野球用品メーカーのローリングスによって創設されたもので、日本のゴールデン・グラブ賞はこれを参考にした。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

ゴールデン・グラブ賞

三井グループ企業の提供による、日本プロ野球の守備選手に与えられる賞。正式名称は三井ゴールデン・グラブ賞。毎年リーグごとに原則として、投手・捕手・一塁手二塁手三塁手遊撃手(以上各1名)、外野手(3名)の計9名が、プロ野球記者による投票によって選出される。1972年に米国メジャーリーグのゴールドグラブ賞にならい「ダイヤモンドグラブ賞」として創設され、80年に現名称に改称された。2016年時点における最多受賞者は福本豊(外野手、12回)となっている。

(2016-11-10)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゴールデン・グラブ賞の関連情報