コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴールボール ゴールボール goalball

2件 の用語解説(ゴールボールの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゴールボール(goalball)

視覚障害者対象の球技。バレーボールコートと同じ大きさのコートの両端にゴールを置き、1チーム3名ずつで鈴の入ったボールを転がし、ゴールに入れると得点になる。競技者は視力の程度にかかわらず、全く光の入らないゴーグルを着用する。1980年からパラリンピックの正式種目。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ゴールボール

1チーム3人で対戦し、選手たちは目隠しを着用する。コートはバレーボールと同じ広さ。相手が守るゴールに向けて鈴が入った球を転がすように投球し合い、得点を競う。ボールは重さ1.25キロで、バスケットボールとほぼ同じ大きさ。

(2015-03-14 朝日新聞 夕刊 スポーツ1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴールボールの関連キーワードスチームチームプレーチームメートコーフボールチームパーシュートレースプライベートチーム東海社会人サッカーリーグプリンスリーグ関東高円宮杯全日本ユース選手権大会ダブルディスクコート

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴールボールの関連情報