コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴールボール goalball

デジタル大辞泉の解説

ゴールボール(goalball)

視覚障害者対象の球技バレーボールコートと同じ大きさのコートの両端ゴールを置き、1チーム3名ずつで鈴の入ったボールを転がし、ゴールに入れると得点になる。競技者は視力の程度にかかわらず、全く光の入らないゴーグルを着用する。1980年からパラリンピックの正式種目。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ゴールボール

1チーム3人で対戦し、選手たちは目隠しを着用する。コートはバレーボールと同じ広さ。相手が守るゴールに向けて鈴が入った球を転がすように投球し合い、得点を競う。ボールは重さ1.25キロで、バスケットボールとほぼ同じ大きさ。

(2015-03-14 朝日新聞 夕刊 スポーツ1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴールボール
goalball

視力障害をもつ人のために考案された対戦型スポーツ。アイシェード(目隠し)を着用した 1チーム 3選手からなる 2チームがコートで向かい合い,それぞれの自陣から鈴入りボール(1.25kg)を転がすように投げ合って相手ゴールに入れ,一定時間内(12分ハーフ)での合計得点を競う。攻撃側の選手は投球の際,ゴールから自陣 6m以内(チームエリア)で少なくとも 1回,さらにセンターラインを挟んで 6m以内(ニュートラルエリア)で少なくとも 1回,ボールをバウンドさせて守備側エリアにボールを入れなければならない。一方,守備側は攻撃側が投げたボールに触れてから 10秒以内に,センターラインを越えるように攻撃しなければならない。わずかな振動や鈴の音を頼りにする競技のため,攻撃側は投球の際に守備側に不利になるような音を出すと反則となる。また,プレー中は監督の声による指示や,観客の声援も禁止されている。ゴールボールは,第2次世界大戦で目に傷害を負った軍人のリハビリテーションプログラムの一環として始まり,1946年にスポーツ競技として紹介された。1972年ハイデルベルク・パラリンピック競技大会で公開競技に,1976年トロント・パラリンピック競技大会で正式競技となり,男子種目,女子種目がある。(→パラリンピック競技大会

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゴールボールの関連キーワードパラリンピックでの日本勢の活躍障害者スポーツ安達阿記子浦田理恵小宮正江欠端瑛子中嶋茜若杉遥

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゴールボールの関連情報