サスペンデッドゲーム(英語表記)suspended game

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

一時停止試合。高校野球特別規則で定められ、全国高校軟式選手権大会で適用される。「選手権大会50年史」などによると、1962年の第7回大会から延長18回で一時打ち切ると決定。当時は同日中に19回から再開したが、81年の第26回大会から「翌日に続きを行う」と改定された。2000年には適用を18回から15回に短縮。延長はイニング表裏で得点差がついた瞬間にゲームセットとなる。中京―崇徳戦が30日も15イニング(45回まで)で決着がつかなかった場合、翌31日に最大9イニング(54回まで)戦い勝敗がつかない時は抽選に。同日、決勝を行う。

(2014-08-30 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (suspended game) 野球やゴルフなどで、試合続行が不可能な状態となった時に、後日続行することを条件に中止される試合。一時停止試合。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サスペンデッドゲームの関連情報