コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サトウガイ サトウガイ Scapharca satowi; Satow's ribbed ark

2件 の用語解説(サトウガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サトウガイ
サトウガイ
Scapharca satowi; Satow's ribbed ark

軟体動物門二枚貝綱フネガイ科。殻長 8cm,殻高 6.5cm,殻幅 5.8cm。殻は白色,やや方形で殻頂部がよくふくらみ,放射肋が 38本内外あり,黒褐色の毛状の殻皮でおおわれる。左右殻頂の間には細長く平らな靭帯面がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サトウガイ
さとうがい
Satow's ribbed ark
[学]Scapharca satowi

軟体動物門二枚貝フネガイ科の二枚貝。マルサルボウガイともいう。太平洋側は九十九里浜以南、日本海側は能登(のと)半島以南、九州まで分布し、水深10~30メートルの外洋砂底にすむ。殻長80ミリメートル、殻高65ミリメートル、殻幅58ミリメートルぐらいになり、殻は厚く方形で、殻頂がよく膨らむ。殻表には38本内外の放射肋(ろく)があり白色であるが、黒褐色の殻皮をかぶっている。両殻片の殻頂の間に平らな靭帯(じんたい)面があり、(こうし)は多歯式である。内面は白く光沢がない。アカガイの代用品として用いられ、市場では「バッチ」(場違いの意)とよばれる。なお「サトウ」は江戸末期のイギリス駐日公使アーネスト・サトーに献名されたものである。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサトウガイの言及

【アカガイ(赤貝)】より

…赤貝飯に使われるのはアカガイでなくサルボオガイ(イラスト)のことが多く,一般的にはこの両種は混同されている。近縁種のサトウガイ(別名マルサルボオ)S.satowiは殻が厚く,肋数は38本内外で,九十九里,相模湾など外海にすみ,食用とされるが,アカガイと産地が違うので,東京などではバッチ(場違いの意),またアカガイの本玉(ほんだま)に対して白玉ともいう。クマサルボオS.globosa ursusは四角形状で厚く,肋数は34本内外,瀬戸内海,有明海,大村湾が主産地である。…

※「サトウガイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サトウガイの関連キーワードイガイ二枚貝類モガイ赤貝二枚貝灰貝皿貝猿頬貝軟体類二枚貝綱

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone