コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サバティカル休暇 サバティカルキュウカ

人事労務用語辞典の解説

サバティカル休暇

長期間勤務者に与えられる長期休暇のこと。通常の有給休暇や年次休暇とは異なり、使途に制限がなく、期間は少なくとも1ヵ月以上、長い場合は1年間の休暇となる場合もあります。
(2008/1/28掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

人材マネジメント用語集の解説

サバティカル休暇

・sabbatical leave
・研修休暇とも呼ばれる長期休暇で欧米では広く普及している休暇制度。
・一般には、ある一定期間勤務した従業員や高い成果等を上げた従業員を対象に、更なる専門性を極めてもらうため長期休暇を与え自己啓発、あるいは創造的な休養、リフレッシュを図ってもらう制度。企業として、従業員が大学院、あるいは研究機関等で専門性を磨くことも支援する休暇としても活用することで、従業員のキャルア創造の一端を担う仕組みである。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

サバティカル休暇の関連キーワードローズ(Irwin Rose)チカノバーハーシュコ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android