コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏ばて ナツバテ

3件 の用語解説(夏ばての意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なつ‐ばて【夏ばて】

[名](スル)夏の暑さで疲れ、動作や思考力が鈍くなること。夏負け。「夏ばてして寝込む」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なつばて【夏ばて】

普通には,夏,暑さそのものによってひき起こされる食欲不振,体のだるさ,疲れやすさなどの体の変調をさすが,この盛夏の夏ばてのほかに,もう一つ別の夏ばてがある。それは,夏も過ぎ涼風も立つというころに,夏の疲れが一時に現れて,体の調子に狂いが生ずる夏ばてである。
[真夏の夏ばて]
 夏の暑さには,じりじり焼けつけるような暑さと蒸し蒸しする暑さの二つがあるが,いずれにしても高温にさらされると皮膚血管は拡張して,体からの熱の放散が行われ,やがて発汗が始まる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なつばて【夏ばて】

( 名 ) スル
夏の暑さのために体が弱ること。夏まけ。暑気あたり。 「 -して食欲もない」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夏ばての関連キーワード他殺暑さ暑さ中り暑さ凌ぎ移染変り斑立て引き尽く引起す地震災害開発災害

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

夏ばての関連情報