コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サブルーチン さぶるーちん

5件 の用語解説(サブルーチンの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

サブルーチン

プログラミング言語のおいて、メインルーチン

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サブルーチン(subroutine)

コンピューターのプログラムの中で、共通した部分をひとまとめにし、主プログラムから分岐させたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サブルーチン

コンピューター用語。コードで書かれたプログラム(ルーチン)の一部分で,問題の一部分を計算するためのそれ自身で独立した機能をもつプログラムの単位。ルーチンのうち三角関数や対数の計算のように頻繁(ひんぱん)に使用するものはサブルーチンとしてあらかじめ作っておいて,必要なときに呼び出すことで能率を高める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

サブルーチン【subroutine】

コンピューターのプログラムの中で、特定の機能を果たすためのまとまりのある部分。 → ルーチン

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サブルーチン
サブルーチン
subroutine

コンピュータのプログラムのなかで,多くの人によってよく使われる部分的なプログラムをいう。特に数値計算における各種の関数 (たとえば sin,coslog,expなど) はサブルーチンライブラリと称してコンピュータ側で用意されているものが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サブルーチンの関連キーワード汎用コンピューターコンピタンスコンピュートピアコンピレーションハイブリッドコンピューターミニコンピューターコンピ・アルバムコンピタンシーテレコンピューティングボードコンピューター

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サブルーチンの関連情報