コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対数 たいすうlogarithm

翻訳|logarithm

6件 の用語解説(対数の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対数
たいすう
logarithm

a が1とは異なる正の数であって,xy の間に,xay なる関係があるとき,指数 y を,a を底とする x の対数といい,y= log ax と書き表わす。ここで,x は対数 y の真数と呼ばれる。対数 y は,真数 x を求めるために底 a を累乗すべき指数を意味する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たい‐すう【対数】

xaya≠1, a>0, x>0)という関係があるとき、yaを底(てい)とするxの対数といい、y=logaxと表す。xを対数yの真数という。ロガリズムlogarithm)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

対数【たいすう】

aを1でない正数とするとき,正数xに対しx=a(y/)となる実数yがただ一つ存在する。yを,aを底とするxの対数といい,y=log(/a)xと書く。xをyの真数という。
→関連項目計算尺指数ログ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいすう【対数 logarithm】

aを1でない正の数,xを任意の正の数とすると,auxとなる実数uが定まる。このuを〈aを底(てい)とするxの対数〉といい,u=logaxと書く。またこのとき,xuの真数という。aを定めて,xの値に対するlogaxの値を与える数値表を対数表という。対数の基本的な性質としては, loga1=0,logaa=1  ……(1)  logaxy=logax+logay  ……(2)  loga(x/y)=logax-logay  ……(3)  logaxpplogax (pは任意の実数)  ……(4)  対数表によってx,yの対数logax,logayを求め,和logax+logay=logaxyを計算して,対数表を逆に引くことによりlogaxyの真数xyを求めることができるから,真数の乗法が対数表によって対数の加法で置き換えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たいすう【対数】

冪法べきほう(累乗)の逆算法の一(他の一つは開方)。 a を 1 以外の正数とするとき、x a y の関係があるならば、 y a を底とする x の対数といい y =logax と書く。日常計算には底として 10 をとるが、これを常用対数という。また、理論的な問題にはある特別な定数 e =2.71828… を底とした自然対数が用いられる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

対数
たいすう

aを定数とするとき、数xに対し、
  x=ay……(1)
を満たす数yを、(aを底(てい)とする)xの対数といい、
  y=logax……(2)
と書く(logは、対数を意味する英語logarithmを略した記号)。すなわち、(1)と(2)は同値である。このとき、xyの真数という。たとえば、8=23,0.01=10-2であるから、それぞれ3=log28,-2=log100.01である。y=logaxは指数関数y=axの逆関数であり、aを1でない正の数とすれば、どんな正の数xに対しても、aを底とする対数yが一つだけ定まる。以下、底についてはa>0,a≠1、真数については正とする。1=a0,a=a1であるから、つねにloga1=0,logaa=1が成り立つ。また、α=logaA,β=logaBとすればA=aα,B=aβで、指数法則によりAB=aαaβ=aα+βすなわちlogaAB=α+β、したがって
  logaAB
   =logaA+logaB……(3)
が成り立つ。同様にして
  loga(A/B)
   =logaA-logaB……(4)
pを任意の実数としてlogaAp=plogaAで、とくに、nを自然数として

が導かれる。これらの公式から、二つの正の数ABの積、商がそれぞれの対数の和、差を利用して求められる。また、正の数An乗、n乗根がそれぞれlogaAn倍、n分の1を利用して求められる。なお、異なる底をもつ対数の間には次の関係がある。
  logaA=logbA/logba……(6)
このような計算を対数計算という。
 10を底とする対数を常用対数という。常用対数については次のような計算ができる。
  log102000
      =log10(2×103)
      =3+log102
  log100.002
      =log10(2×10-3)
      =-3+log102
同じようにして、log102の値から、nを整数として2×10nの形の数の対数の値を求めることができる。一般に1≦x<10の範囲にあるxについて、log10xの値が与えられればx×10nの形の数の対数の値を求めることができる。この範囲にある数の常用対数の値の表が対数表である。たとえば対数表からlog103.14=0.4969が得られる。よって
  log103140=3+log103.14
       =3.4969
  log100.0314=-2+log103.14
       =.4969
これらの最後の形をみればわかるように、対数表から対数の値を求めるときは、3、のような整数部分と、4969のような小数部分に分けて扱うと都合がよい。前者を指標、後者を仮数とよぶ。指標は-nと同じ意味である。
 対数を用いる計算例として

の値を求めてみよう。

よって x=0.9528
前述の最後でlog10xの値からxを求めるのに対数表を逆に用いてもよいが、このために、対数の値に真数の値を対応させた逆対数表、すなわちy=10x(0≦x<1)の値の表もつくられている。
 長い間、対数計算は数値計算の労力を減らすのに役だってきたが、近年、コンピュータの発達によって、利用されることが少なくなった。数直線で、座標log10xの点にxと目盛ったものを対数目盛りとよぶ。この目盛りを用いた方眼紙を対数方眼紙といい、実験式を求めたりするのに利用される。常用対数のほかに、eを底とする対数も広く用いられている。[植竹恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

対数の関連情報