コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サミン運動 サミンうんどう Saminism

3件 の用語解説(サミン運動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サミン運動
サミンうんどう
Saminism

インドネシア,中部ジャワ,ブローラ地方の農民スロンティコ (通称サミン) が 1890年頃から唱えた教説。最初は禁欲と勤勉を説く理想主義的な教えであったが,次第に反オランダ的色彩を帯び,1910年代に頻発したジャワの農民反乱の思想的基盤となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サミンうんどう【サミン運動】

インドネシアの中東部ジャワにおいて,サミン主義者がオランダ植民地支配期に間欠的に展開した宗教・政治運動。サミン主義とは,中部ジャワ,ブロラ県の農民スロンティコ・サミンSurontiko Samin(?‐1914)が1880年代半ばころから説くようになったジャワ神秘主義の教説である。ただし,サミン主義者自身はサミンの教えをアダムの宗教Agama Adamと呼び,また自らをシケップの民Wong Sikepと称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

サミンうんどう【サミン運動】

一九世紀末から二〇世紀にかけて、中・東部ジャワに広まった農民運動。理想の王国の到来を説くスロンティコ=サミン(Surontiko Samin)の教えを信じるサミン主義者たちは、納税・労役負担拒否の運動を展開してオランダの植民地支配に抵抗した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サミン運動の関連キーワードインドネシアインドネシア語派ジャワ海溝スマランインドネシア海溝インドネシアの恋唄インドネシア大統領邸宅タマンミニインドネシア吉住留五郎ジャワ種 (Java)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone