コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サムホール thumb-hold

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サムホール
thumb-hold

小型のスケッチ箱とスケッチ用の板。箱の底の穴に親指を入れて持つことからこの名がある。このスケッチ板のサイズから転じて画面のサイズの呼称。 22.7× 15.8cm。一般に用いられる画面として最小のもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

サムホール(thumbhole)

《親指を入れる穴の意》
底に親指を入れ、手持ちで使用できる小型のスケッチ箱。また、小型のスケッチ板。
絵画のサイズの一。22.7センチ×15.8センチ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

サムホール【thumbhole】

〔親指を差し込む穴の意〕
小型のスケッチ箱の一種。底の穴に左手の親指を入れて用いる。転じて、小型のスケッチ板。
絵画の画布の大きさの一。縦22.7センチメートル、横15.8センチメートル。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サムホール
さむほーる

油絵用具の一種で、底に親指を入れて片手で支えられるように穴のあいている小型のスケッチ箱。原義は親指の穴thumb holeだが、これは日本の画材店が考案して売り出したときにつけた名称で、和製英語である。また、このスケッチ箱に収納して持ち歩けるスケッチ板のこともサムホールといい、転じてサムホール判という画面サイズの名称となった。22.7×15.8センチメートルで日本式カンバスサイズの1号Fに近い大きさである。[長谷川三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サムホールの関連キーワード長谷川三郎画布

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サムホールの関連情報