コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラガイ サラガイPeronidia venulosa; great northern tellin

3件 の用語解説(サラガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラガイ
Peronidia venulosa; great northern tellin

軟体動物門二枚貝綱ニッコウガイ科。殻長 10cm,殻高 6cm,殻幅 2.7cmに達する大型種。殻は扁平な長卵形で厚い。殻表は光沢のある白色で,成長脈がある。内面は橙黄色。千葉・石川県以北,北海道サハリンに分布し,潮間帯より水深 10mの細砂底にすむ。食用。近縁種ベニサラガイ P. luteaは殻の内面が桃紅色で,北太平洋に広く分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

サラガイ

ニッコウガイ科の二枚貝。殻は厚く,殻表は白色,内面はだいだい色。高さ6cm,長さ10cm,幅3cm。石川・千葉以北から北海道,沿海州朝鮮半島北東部に分布し,潮間帯から水深20mの細砂底にすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サラガイ
さらがい / 皿貝
great northern tellin
[学]Peronidia venulosa

軟体動物門二枚貝綱ニッコウガイ科の二枚貝。太平洋側では茨城県以北、日本海側では石川県以北に分布し、潮間帯下から水深10メートルぐらいの細砂底にすむ。殻長10センチメートル、殻高6センチメートル、殻幅2.7センチメートルになり、長卵形で、殻は厚い。殻頂は背側のほぼ中央にある。殻表は白色で光沢があり、規則的な成長脈を刻む。内面は橙黄(とうこう)色で、套線(とうせん)の湾入は深い。東北地方ではヒラガイという。日本海側に多産する近似種のアラスジサラガイP. zyonoensisは殻内が紫色を帯び、殻表を覆う殻皮は厚い。両種とも食用とされる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone