コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラサバテイラ(更紗馬蹄螺) サラサバテイラ button top

1件 の用語解説(サラサバテイラ(更紗馬蹄螺)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サラサバテイラ【サラサバテイラ(更紗馬蹄螺) button top】

ニシキウズガイ科の大型巻貝(イラスト)。殻の高さ10cm,太さ12.5cmに達し,巻きは10階。円錐形でまわりに角があるが,十分成長すると周縁が厚くなって膨らみ広がる。表面は紅紫色,または緑色と黄白色の縦帯が電光状に走り更紗模様となる。殻口は下向きで,内面は強い真珠光沢がある。ふたは丸くて革色で半透明。奄美諸島以南の太平洋海域に広く分布し,潮間帯下の岩礁にすむ。商品名をタカセガイ(高瀬貝)といい,殻は表面を溶かして真珠層のみにして貝細工の材料にし,また,かつては丸く切り抜いて貝ボタンをつくった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サラサバテイラ(更紗馬蹄螺)の関連キーワード腰高雁空サラサ馬蹄螺千種貝馬蹄螺揚巻貝石畳貝疣細螺細螺久保貝逆巻貝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone