コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラサバテイラ(更紗馬蹄螺) サラサバテイラbutton top

世界大百科事典 第2版の解説

サラサバテイラ【サラサバテイラ(更紗馬蹄螺) button top】

ニシキウズガイ科の大型巻貝(イラスト)。の高さ10cm,太さ12.5cmに達し,巻きは10階。円錐形でまわりに角があるが,十分成長すると周縁が厚くなって膨らみ広がる。表面は紅紫色,または緑色と黄白色の縦帯が電光状に走り更紗模様となる。殻口は下向きで,内面は強い真珠光沢がある。ふたは丸くて革色で半透明。奄美諸島以南の太平洋海域に広く分布し,潮間帯下の岩礁にすむ。商品名をタカセガイ(高瀬貝)といい,殻は表面を溶かして真珠層のみにして貝細工の材料にし,また,かつては丸く切り抜いて貝ボタンをつくった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

サラサバテイラ(更紗馬蹄螺)の関連キーワードサラサバテイ

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android