コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルマメ(猿豆) サルマメSmilax biflora var. trinervula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルマメ(猿豆)
サルマメ
Smilax biflora var. trinervula

ユリ科の落葉小低木。本州中部の山地に生える。茎は細く直立し高さ 10~30cmになり,少数のとげがある。葉は楕円形で3脈があり,葉柄基部に短い巻きひげ2本が出る。5月頃,葉腋から花柄を出し,径約 5mmで淡黄緑色の花を1~4個短い総状につける。花被片は6枚。包葉は小型の線状披針形で先端が糸状にとがる。雌雄異株雄花おしべは6本,雌花めしべ1本で柱頭は3岐する。果実球形で赤熟する。サルトリイバラに似るが,茎丈が低く,つる状にならない,とげや花の数が少い,葉が小型で巻きひげも短い,などの点で異なる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android