コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン=テブルモン Saint-Évremond, Charles de Marguetel de Saint-Denis, seigneur de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サン=テブルモン
Saint-Évremond, Charles de Marguetel de Saint-Denis, seigneur de

[生]1614.1.5. サンドニ=ルガスト
[没]1703.9.20. ロンドン
フランスの思想家,評論家,劇作家。筆禍のため 1661年イギリスに亡命,後半生を過ごした。道徳が快楽と両立しうることを説いた快楽主義的自由思想家で,モンテーニュの影響が強い。宗教に対する懐疑的態度によって,啓蒙思想家の先駆ともいえる。少数の戯曲のほかに,多くの随筆や書簡がある。主著『ドカンクール元帥とカネー神父の会話』 Conversation du maréchal d'Hocquincourt avec le Père Canaye (1663頃) ,『格言集』 Maximes (1674) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サン=テブルモンの関連キーワードキリシタン関係主要人名大坂の陣茶屋新四郎(初代)メスキータ前田利長昌徳宮高山右近ネーピア大坂の陣キリシタン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android