サンクリストバルデラスカサス(英語表記)San Cristóbal de las Casas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンクリストバルデラスカサス
San Cristóbal de las Casas

メキシコ南東部,チアパス州中部の都市。州都トゥストラグティエレスの東約 50km,標高約 2100mの高原地帯にある。 1527年建設された古い町で,1892年まで州都。農業 (コムギジャガイモトウモロコシ) ,林業が主要収入源で,なめし皮,蒸留酒製粉,缶詰,製材などの工場がある。手工業も盛んで,インディオのつくる銀の鞍が有名。市内には聖ドミンゴ聖堂 (1560) をはじめとする植民地時代の古い建物が多数残っている。パンアメリカン・ハイウェーが通り,グアテマラとの国境まで約 150km。人口8万 9251 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サン‐クリストバル‐デ‐ラス‐カサス(San Cristóbal de las Casas)

メキシコ南東部、チアパス州の町。植民地時代の聖堂や教会が残され、近郊先住民が集まる市があり、観光地としても知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンクリストバルデラスカサスの関連情報