コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンジョアンデルレイ São João del Rei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンジョアンデルレイ
São João del Rei

ブラジル南東部内陸,ミナスジェライス州南部の都市。州都ベロオリゾンテの南約 150kmにあり,グランデ川支流モルテス川にのぞむ。標高約 860m。農牧地帯の中心地として農畜産物の集散,加工をするほか,周辺にタンタル石スズ石モナズ石などの鉱床があり,鉱業が重要な産業となっている。 17世紀末に建設された古い町で,ブラジルの著名な彫刻家 A.リスボアの彫刻に飾られた 18世紀の聖堂や,モルテス川にかかる古い橋が残っている。州都と鉄道,道路で結ばれる。人口7万 2741 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

サン‐ジョアン‐デル‐レイ(Sãn João del Rei)

ブラジル南東部、ミナスジェライス州の都市。18世紀に金の産出で発展。18世紀の建築家兼彫刻家、アレイジャディーニョが手掛けたサンフランシスコ教会をはじめ、植民地時代の建造物が数多く残っている。サンジョアン‐デル‐ヘイ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

サンジョアンデルレイの関連キーワードシルバ・シャビエルチラデンテス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android