コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタクルスデテネリフェ Santa Cruz de Tenerife

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンタクルスデテネリフェ
Santa Cruz de Tenerife

アフリカ大陸北西岸沖,カナリア諸島最大の島テネリフェ島にある港湾都市。スペインの島嶼県サンタクルスデテネリフェ県の県都で,島の北東岸に位置する。 1494年建設。 19世紀後半バナナとトマトの取引中心地となり,その後港湾施設が拡充され,観光業が盛んになるにつれて急速に発展。現在大西洋航路の重要な給油地で,石油精製施設をもつ。市内にはコンセプシオン聖堂,考古学博物館,劇場,闘牛場などがある。降水量が少く,水は内陸の山地から導水管で送られる。市の南郊にあるロスロデオス空港では,1977年3月 27日,ジャンボ機同士の衝突により死者 500人をこえる大惨事が起った。人口 18万 9317 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サンタクルス‐デ‐テネリフェ(Santa Cruz de Tenerife)

スペイン領カナリア諸島の主島テネリフェ島にある都市。同島北東部に位置し、グランカナリア島ラスパルマス‐デ‐グランカナリアと共に、カナリア諸島自治州の州都。16世紀から17世紀にかけて、アメリカ大陸との中継地として発展した。同諸島最大の港を有し、漁業が盛ん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

サンタクルスデテネリフェの関連キーワードオドンネルラパルマ島

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android