サンタマリアデグアダルーペ王立修道院(読み)サンタマリアデグアダルーペオウリツシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

サンタマリア‐デ‐グアダルーペ‐おうりつしゅうどういん〔‐ワウリツシウダウヰン〕【サンタマリアデグアダルーペ王立修道院】

Real Monasterio de Santa María de Guadalupe》スペイン西部、カセレス県のグアダルーペにある修道院。もともとは小さな聖堂だったが、14世紀にカスティーリャ王国のアルフォンソ11世が戦勝祈願に訪れ、勝利を収めたため、聖堂の増築とともに修道院が建設された。以降は王家の聖地として19世紀まで国内で重要な位置を占める。1993年、世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android