サンタ・イサベル[島](英語表記)Santa Isabel Island

世界大百科事典 第2版の解説

サンタ・イサベル[島]【Santa Isabel Island】

南西太平洋,ソロモン諸島中央部の火山島。面積3800km2,人口2万2000(1996)。1567年,スペイン人メンダーニャにより発見された。長さ145km,最大幅30kmの細長い山がちの島で,周囲に多くの小離島がある。集落は海岸部にあり,風下の北東岸でコプラ生産が盛ん。木材資源やニッケルを産するが,利用価値は低い。【秋道 智弥】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android