マイケルズ(読み)まいけるず(英語表記)Duane Michals

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マイケルズ
まいけるず
Duane Michals
(1932― )

アメリカの写真家。ペンシルベニア州マッキーズポート生まれ。旧チェコスロバキア系移民でカトリックを信仰する家庭で育つ。父は鉄鋼労働者だった。アートへの関心は14歳のころに始まる。ピッツバーグのカーネギー・インスティチュートで土曜午後の水彩画クラスに通い、写真にも興味を抱くようになる。1949~1953年コロラド州のデンバー大学で美術を学んだ後、朝鮮戦争が休戦した1953年に徴兵される。除隊後、グラフィック・デザイナーをめざして、1956年ニューヨークのデザインスクール、パーソンズに入学するが1年でドロップ・アウト。以後、『ダンス・マガジン』誌のアシスタント・アート・ディレクターや、タイム社のデザイナーを務めるなど、出版界でさまざまな仕事に従事。写真家への転機はロシアへのプライベートな旅だった。1958年、外国人による観光が解禁されたばかりの社会主義国家に借り物のカメラを携えて3週間滞在、ロシア市民のポートレートなどシンプルなスナップショットを撮影した。そのできをみて写真家になることを決意。デザイナー時代の人脈に助けられ、独学ながら、2、3年のうちに商業写真の収入で自活できるようになる。
 1963年ニューヨークのアンダーグラウンド・ギャラリーで初めての個展を催した。翌1964年ごろから個人的なプロジェクト「empty New York」を開始。コインランドリー、バス、コーヒー・ショップといった都市空間に、いるべきはずの人影がいない光景を撮影したものだが、これらは1966年に学芸員であったネイザン・ライオンズNathan Lyons (1930―2016)が企画しニューヨーク州ロチェスターのジョージ・イーストマン・ハウス国際写真博物館で催された「コンテンポラリー・フォトグラファーズ――社会的風景に向かって」展に、リー・フリードランダー、ゲーリー・ウィノグランドらの作品と共に選出された。同展は1960年代を代表する写真展であり、スナップショットの可能性を広げ、日本の写真家にも多大な影響を与えた。マイケルズは、スナップショットを期待する批評家や鑑賞者の思惑に逆らうように、ストーリーをもった連続写真である新たなシリーズ「シークエンス」をまさに1966年から開始、独自の道をゆくことになった。1970年には初めての写真集『シークエンス』を出版、MoMA(ニューヨーク近代美術館)で個展も催し、「シークエンス」は次第に認められるようになる。このシリーズは現在まで続いており、マイケルズ固有のスタイルと呼べる。
 連続写真はステレオスコープ写真(立体写真)やイドウィアード・マイブリッジなどにより、すでに19世紀から試みられてきていたが、ストーリー性の強いマイケルズの「シークエンス」は写真のもつナラティブ(物語)の魅力を十全にひきだし、鑑賞者に複雑かつ多様な見方を提供する。多重露光をはじめとして、シンプルだが機知にとんだ視覚的な仕掛けは、彼の愛するシュルレアリストの画家マグリットを思わせる。同時代の写真よりも、マグリットやデ・キリコ、バルチュスの絵画にシンパシーを感じながら作品を制作しているとマイケルズは語っている。こうした写真の枠にとらわれない発想は、プリントの上に詩的なキャプションを手書きで書きつけたり(1960年代末から試みられ1970年代半ばから本格化)、写真や写真のエッジにペインティングをほどこすといった表現につながってゆく。
 現代美術のミクスト・メディア(ジャンルや手法を混ぜ合わせること)にはるかに先行しながら、マイケルズが自身のアートにおいて探求したものは、人間にとって根源的な主題ともいえる性愛と死である。そこから派生する喪失感や暴力の衝動、セクシュアル・ファンタジー、罪悪感への心理考察にとどまらず、東洋思想に影響を受けた、時間や魂をめぐる瞑想にまで深まっている。また1978年ごろからホモセクシュアリティを明確にうちだした写真を撮りはじめるが、「シークエンス」の枠の中ながらも、極めて早くからメール・ヌードをとりあげてきた作家としても再評価できよう。セクシュアル・アイデンティティに苦しんだ若き日、魂にさす一条の光であったという、ウォルト・ホイットマンの詩集「草の葉」へのオマージュである写真集『サルート、ウォルト・ホイットマン』を、1996年に出版している。
 マイケルズは、鑑賞者や批評家のことを考えて撮ったことは一度もないといい切る。アート・ワールドや社交界の喧騒から離れ、一貫して自身の表現を探求しつづける姿勢にはマスター・オブ・ザ・フォトグラフィの風格があるが、いまもって広告や雑誌の誌面をにぎわす仕事を手がけている。彼の写真が雑誌で愛されてきた理由に、マイケルズの撮るポートレートの秀逸さが挙げられる。フリーランスになってからも一度も自らのスタジオは持たず、被写体の居場所に出向き、そこにある光を使って撮影し、マグリットをはじめ、アーティストの肖像において数々の名作を発表した。彼のポートレート作品は写真集『アルバム――ザ・ポートレーツ・オブ・デュアン・マイケルズ1958―1988』(1988)にまとめられている。[北折智子]
Album; The Portraits of Duane Michals 1958-1988 (1988, Twelvetrees Press, Santa Fe) ▽Eros and Thanatos (1992, Twin Palms Publishers, Santa Fe) ▽Salute, Walt Whitman (1996, Twin Palms Publishers, Santa Fe) ▽The Essential Duane Michals (1997, Bulfinch Press, Boston) ▽Questions Without Answers (2001, Twin Palms Publishers, Santa Fe)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マイケルズの関連情報