コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サントリーホール サントリーホール

3件 の用語解説(サントリーホールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サントリーホール
サントリーホール

東京都港区赤坂にあるコンサート専用ホール。 1986年開場。大ホールは客席数約 2000,小ホールは約 400。「世界一美しい響きのホール」を目指し,客席は舞台を囲んで配置された日本では初めてのワインヤード (ブドウ畑) 形式を採用。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

サントリーホール

大ホールは2006席。舞台の向こう側にも座席があり、普通、背中しか見えない指揮者を正面から見られる。残響は2・1秒とされる。正面には世界最大級のパイプオルガンがある。併設の小ホール(ブルーローズ、約400席)では室内楽などが演奏される。

(2014-10-11 朝日新聞 夕刊 夕刊be土曜1面)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

サントリーホール

東京都中野区にある音楽ホール。1986年開館。大ホールの座席数は約2000席。オーストリアの指揮者ヘルベルト・フォンカラヤンアドバイザーを務めた。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サントリーホールの関連情報