コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンパオロフォーリレムーラ大聖堂 サンパオロフォーリレムーラダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

サンパオロ‐フォーリ‐レ‐ムーラ‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【サンパオロフォーリレムーラ大聖堂】

Basilica di San Paolo fuori le mura》イタリアの首都ローマ南部郊外にある大聖堂。ローマの四大バシリカの一。4世紀、ローマ皇帝コンスタンティヌス1世が使徒パウロの墓の上に建てた教会に起源する。皇帝テオドシウス1世が大聖堂を建設。サンピエトロ大聖堂が建てられるまでの約1000年以上にわたって増改築が繰り返され、キリスト教世界最大級を誇った。1823年の火災で全焼したが、その後再建され、現在の姿になった。1980年、「ローマ歴史地区、教皇領とサンパオロフォーリ‐レ‐ムーラ大聖堂」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

サンパオロフォーリレムーラ大聖堂の関連キーワードサンフランシスコ教会サンホセStorage Area Networkサンジョバンニインラテラノ大聖堂サンジョルジョマッジョーレ教会サンゼーノマッジョーレ教会サンドメニコ教会サンニコラ教会サンピエトロインビンコリ教会サンビターレ聖堂

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android