コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンピエトロ大聖堂 サンピエトロダイセイドウ

3件 の用語解説(サンピエトロ大聖堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サンピエトロ‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【サンピエトロ大聖堂】

San Pietro》バチカン市国にあるローマカトリック教会の中心をなす聖堂。コンスタンティヌス1世時代に聖ペテロの墓上に建てられた木造建築を起源とし、1506年以降ブラマンテラファエロなどの設計により全面改築計画が進められたが、その死により中絶。ミケランジェロやカルロ=マデルノの設計をもとに、17世紀初めにほぼ完成した。聖ペテロ大聖堂セントピーター寺院

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

サンピエトロだいせいどう【サンピエトロ大聖堂】

バチカンにあるローマ-カトリック教会の中心をなす聖堂。教皇に直属する。四世紀にコンスタンチヌス大帝が聖ペテロの墓上に建造したのが起源。現存の建物は一六世紀初めから一七世紀にかけて建造されたもの。ブラマンテ・ラファエロ・ミケランジェロらが設計に参加した。聖ペテロ大聖堂。セント-ピーター寺院。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンピエトロだいせいどう【サンピエトロ大聖堂】

イタリアの首都ローマ(Comune di Roma)の市街北西部、バチカンの丘の上の南東端に建つカトリック教会総本山。最初の聖堂は4世紀、ローマ皇帝コンスタンティヌス1世によって、キリスト十二使徒の一人、聖ペテロの墓所があったところに建てられた。「サンピエトロ大聖堂」という名称は、これに由来するものである。ローマ教皇の宮殿は、ローマ市内のラテラノ宮殿だったが、1377年にサンピエトロ大聖堂がローマ教皇の座所となった。その後、1626年に現在のサンピエトロ大聖堂が完成。この大聖堂は、床面積2万3000m2で、キリスト教の建築物としては世界最大である。聖堂の北隣に、ローマ教皇が住むバチカン宮殿バチカン美術館などがある。◇「サンピエトロ大寺院」、「聖ペテロ大聖堂」、「セントピーター寺院」などとも呼ばれるが、正式名称は「ヴァティカーノの丘にある聖ペテロのバシリカ」(Basilica di San Pietro in Vaticano)。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンピエトロ大聖堂の関連キーワードアリッチャカラカラ浴場サンタマリアデッリアンジェリ教会ネミビラ・アドリアーナポポロ門マルチェッロ劇場ローマの七丘ピンチョの丘ローマの泉

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サンピエトロ大聖堂の関連情報