サンピエトロ大聖堂(読み)サンピエトロダイセイドウ

  • サンピエトロだいせいどう ‥ダイセイダウ
  • サンピエトロだいせいどう〔ダイセイダウ〕

デジタル大辞泉の解説

San Pietro》バチカン市国にあるローマカトリック教会の中心をなす聖堂。コンスタンティヌス1世時代に聖ペテロの墓上に建てられた木造建築起源とし、1506年以降ブラマンテラファエロなどの設計により全面改築計画が進められたが、そのにより中絶ミケランジェロやカルロ=マデルノの設計をもとに、17世紀初めにほぼ完成した。聖ペテロ大聖堂セントピーター寺院

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

バチカンにあるローマカトリック教会の中心をなす聖堂。教皇に直属する。四世紀にコンスタンチヌス大帝が聖ペテロの墓上に建造したのが起源。現存の建物は一六世紀初めから一七世紀にかけて建造されたもの。ブラマンテ・ラファエロ・ミケランジェロらが設計に参加した。聖ペテロ大聖堂。セントピーター寺院。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

イタリアの首都ローマ(Comune di Roma)の市街北西部、バチカンの丘の上の南東端に建つカトリック教会の総本山。最初の聖堂は4世紀、ローマ皇帝コンスタンティヌス1世によって、キリストの十二使徒の一人、聖ペテロの墓所があったところに建てられた。「サンピエトロ大聖堂」という名称は、これに由来するものである。ローマ教皇宮殿は、ローマ市内のラテラノ宮殿だったが、1377年にサンピエトロ大聖堂がローマ教皇の座所となった。その後、1626年に現在のサンピエトロ大聖堂が完成。この大聖堂は、床面積2万3000m2で、キリスト教の建築物としては世界最大である。聖堂の北隣に、ローマ教皇が住むバチカン宮殿やバチカン美術館などがある。◇「サンピエトロ大寺院」、「聖ペテロ大聖堂」、「セントピーター寺院」などとも呼ばれるが、正式名称は「ヴァティカーノの丘にある聖ペテロのバシリカ」(Basilica di San Pietro in Vaticano)。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(サンピエトロはSan Pietro) バチカン市国にあるローマ‐カトリック教会の主聖堂。三二六年にコンスタンティヌス帝が献堂したのを起源とし、現在の建物はブラマンテ、ラファエロ、ミケランジェロの設計をもとに一六世紀から一七世紀にかけて建造されたもの。サンピエトロ寺院。セント‐ピーターズ寺院。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンピエトロ大聖堂の関連情報