サンジョバンニインラテラノ大聖堂(読み)サンジョバンニインラテラノダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

サンジョバンニ‐イン‐ラテラノ‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【サンジョバンニインラテラノ大聖堂】

Basilica di San Giovanni in Laterano》イタリアの首都ローマにある大聖堂。ローマの四大バシリカの一であり、キリスト教公認後、初の教会として知られる。ローマ皇帝コンスタンティヌス1世が同地をローマ教皇に寄進し、4世紀に創建。17世紀にバロック様式の代表的な建築家ボロミーニにより大改築され現在の姿になった。隣接するラテラノ宮殿は14世紀に教皇庁がバチカンに移るまで、歴代教皇の住居だった。1980年、「ローマ歴史地区、教皇領とサンパオロフォーリ‐レ‐ムーラ大聖堂」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android