コンスタンティヌス一世(読み)コンスタンティヌスイッセイ

精選版 日本国語大辞典の解説

(Constantinus I) ローマ皇帝(在位三〇六‐三三七)。コンスタンティウス一世の子。三一三年ミラノ勅令を発してキリスト教を公認し、三二五年ニカイア公会議を開いてキリスト教の正統派を決める。三三〇年ビザンティウムに遷都し、コンスタンティノポリスと改名した。大帝と呼ばれる。(二七四頃‐三三七

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンスタンティヌス一世の関連情報