コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンパトリツィオの井戸 サンパトリツィオノイド

2件 の用語解説(サンパトリツィオの井戸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サンパトリツィオ‐の‐いど〔‐ゐど〕【サンパトリツィオの井戸】

Pozzo di San Patrizio》イタリア中部、ウンブリア州の都市オルビエートにある井戸。16世紀のローマ略奪の際、同地に逃れてきたローマ教皇クレメンス7世により水源確保のためにつくられた。深さ62メートルの井戸で、上りと下りが別々の二重螺旋(らせん)状の階段が設けられている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンパトリツィオのいど【サンパトリツィオの井戸】

イタリアの首都ローマからユーロスター(新幹線)で1時間ほどの、「世界一美しい丘上都市」とも呼ばれるオルビエート(Orvieto)の市街にある井戸。この井戸は1528~1537年にかけて、ローマ教皇クレメンス7世(在位1523~1534年)の命を受けた建築家アントニオ ・ド・サンガッロによってつくられた。直径13m、深さ62mの巨大な井戸で、248段の螺旋(らせん)階段があり、当時は皮袋を下げたラバを使い水汲み出していたといわれる。この井戸の建設が始まる前年、神聖ローマ帝国によるイタリア侵攻があり、ローマのサンタンジェロ城に立て篭もった教皇は敗北し、略奪(いわゆるローマ強奪)が起こっている。オルビエートは丘の上にあるため、包囲攻撃で水を絶たれるのは死活問題であり、その対策として井戸の建設を命じたといわれている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンパトリツィオの井戸の関連キーワードアリッチャカラカラ浴場聖ピーターローマカトリック教会ネミビラ・アドリアーナファルネーゼ広場ポポロ門ローマの七丘ピンチョの丘ユーロスターイタリア

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone