サンファール(読み)さんふぁーる(英語表記)Niki de Saint-Phalle

日本大百科全書(ニッポニカ) 「サンファール」の意味・わかりやすい解説

サンファール
さんふぁーる
Niki de Saint-Phalle
(1930―2002)

フランスの女流画家、造形家。ヌイイ生まれ。1933年以後ニューヨークに住み、50年パリに帰って52年から絵画の制作を始める。56年レリーフ(浮彫り)とアッサンブラージュを制作。60年初めて「射撃絵画」(銃で絵の具を撃ち込む)を試みる。61年からスイスの造形作家ティンゲリーハプニングやマニフェステーション(示威行為)を行い、またヌーボー・レアリスム運動のメンバーに加わる。65年多彩に着色したポリエステルによる豊満な女性像「ナナ・シリーズ」の制作をはじめる。66年ストックホルム近代美術館に内部を通り抜けられる巨大な張りぼての女性像『ホン(彼女)』を制作して話題となった。71年ティンゲリーと結婚(91年死別)。73年最初の映画を製作。79年からイタリアのトスカナ地方ガラビッチョで「タロット・ガーデン」と名づけた、タロット・カードをモチーフにした作品を配する彫刻公園計画に従事、98年に完成した。82年にはパリのポンピドー・センター横の広場にティンゲリーと噴水彫刻を共作した。また、94年(平成6)には栃木県那須郡那須町にニキ美術館が開館した。

[野村太郎]

『松本路子写真、ピエール・レスタニー詩、白石かずこ訳『ニキ・ド・サンファール』(1986・PARCO出版局)』『『現代美術16 ニキ・ド・サンファール』(1994・講談社)』『ニキ美術館編『ニキ・ド・サンファル』(1997・彩樹社刊、星雲社発売)』『増田静江監修・文『ニキ・ド・サンファル』(1998・ニキ美術館刊、美術出版社発売)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「サンファール」の意味・わかりやすい解説

サン・ファール

フランスの彫刻家。パリに生まれ,ニューヨークで育つ。独学で美術を学び,1952年から作家活動を始め,1961年にはセッコウで固めた絵の具の袋を射撃によって破裂させる〈射撃絵画〉によって名を知られるようになる。その後,女性の身体的特徴を誇張的に表した女性像〈ナナ〉のシリーズを通して,大地母神にも通ずる女性存在の豊かさと,社会的なひずみが女性に強いる痛ましさを,ポップな形態と明るい色彩で表現するようになる。1966年にはストックホルム美術館に《ホン(彼女)》という巨大な女性像をジャン・ティンゲリーと合作し,陰部入口から中に入る胎内巡り遊園地として話題となった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android