コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンファール Niki de Saint-Phalle

2件 の用語解説(サンファールの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

サンファール【Niki de Saint-Phalle】

1930~2002) フランスの画家・彫刻家。生の原点を問いかける女性像を制作。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンファール
さんふぁーる
Niki de Saint-Phalle
(1930―2002)

フランスの女流画家、造形家。ヌイイ生まれ。1933年以後ニューヨークに住み、50年パリに帰って52年から絵画の制作を始める。56年レリーフ(浮彫り)とアッサンブラージュを制作。60年初めて「射撃絵画」(銃で絵の具を撃ち込む)を試みる。61年からスイスの造形作家ティンゲリーハプニングやマニフェステーション(示威行為)を行い、またヌーボー・レアリスム運動のメンバーに加わる。65年多彩に着色したポリエステルによる豊満な女性像「ナナ・シリーズ」の制作をはじめる。66年ストックホルム近代美術館に内部を通り抜けられる巨大な張りぼての女性像『ホン(彼女)』を制作して話題となった。71年ティンゲリーと結婚(91年死別)。73年最初の映画を製作。79年からイタリアのトスカナ地方ガラビッチョで「タロット・ガーデン」と名づけた、タロット・カードをモチーフにした作品を配する彫刻公園計画に従事、98年に完成した。82年にはパリのポンピドー・センター横の広場にティンゲリーと噴水彫刻を共作した。また、94年(平成6)には栃木県那須郡那須町にニキ美術館が開館した。[野村太郎]
『松本路子写真、ピエール・レスタニー詩、白石かずこ訳『ニキ・ド・サンファール』(1986・PARCO出版局) ▽『現代美術16 ニキ・ド・サンファール』(1994・講談社) ▽ニキ美術館編『ニキ・ド・サンファル』(1997・彩樹社刊、星雲社発売) ▽増田静江監修・文『ニキ・ド・サンファル』(1998・ニキ美術館刊、美術出版社発売)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サンファールの関連キーワード科学技術ムン ソリ喜劇映画フランス映画ワールドカップ日活(株)農薬中南米映画現職教育国民宿舎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サンファールの関連情報