コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンポウカン(三宝柑) サンポウカン Citrus sulcata

3件 の用語解説(サンポウカン(三宝柑)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンポウカン(三宝柑)
サンポウカン
Citrus sulcata

ミカン科の常緑樹。いわゆる雑柑類に属し,ダイダイ類から生じたと考えられている。和歌山県海草郡,有田郡に多く栽培される。果実は3~4月頃熟し,楕円形で果柄のつけ根の部分がふくらんで,全体はだるま形である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サンポウカン(三宝柑)【サンポウカン】

和歌山県特産の柑橘(かんきつ)。ミカン科の低木で高さ2.5m内外,発育のよい枝にはとげがある。花は内部白色で,外部は淡黄色。果実は柄に近い部分がだるま形に突出,果実の表面は淡黄色でざらつき,皮はむきやすい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サンポウカン【サンポウカン(三宝柑) Citrus sulcata hort.ex Takahashi】

独特の果形をしたかんきつ類。名は三宝(三方)で殿様に献上したところに由来する。江戸時代和歌山城内に原木があって,当時は門外不出だったが,明治時代になり禁制がとけ一般に栽培されるようになったといわれる。主産地の有田郡湯浅町には1880年に導入された。和歌山,三重県で栽培されるが生産の伸びは少ない。常緑性で,樹高4~5m。樹勢は強いが,枝は下垂する。強い枝にはとげを生じる。葉には小翼葉がある。耐寒性,耐病性にすぐれ,栽培容易で豊産である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サンポウカン(三宝柑)の関連キーワードウンシュウミカン(温州蜜柑)柑橘類ミカン(蜜柑)柑橘三宝絵カボスかん(桿)菌イヨカン(伊予柑)かんきつ類(柑橘類)ブシュカン(仏手柑)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone