コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンロレンツォ教会 サンロレンツォキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

サンロレンツォ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【サンロレンツォ教会】

Basilica di San Lorenzo》イタリア中部、トスカーナ州の都市フィレンツェにある教会。4世紀末の創建でフィレンツェ最古の教会の一。11世紀にロマネスク様式で再建され、15世紀にブルネレスキにより改築されて現在の姿になった。メディチ家の墓所としてブルネレスキが設計した旧聖具室、メディチ家代々が収集した蔵書を保管するラウレンツィアーナ図書館がある。また、メディチ家礼拝堂ミケランジェロ設計の新聖具室が教会裏手に位置する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンロレンツォきょうかい【サンロレンツォ教会】

イタリア北部のフィレンツェ(Firenze、〈英〉Florence)にある、393年献堂の同市最古の教会。ルネサンス期にフィレンツェを拠点に隆盛を誇ったメディチ家ゆかりの教会でもある。ドゥオーモ(花の聖母教会)の北、メディチ家ゆかりのサンロレンツォ地区にある。現在残っている建物は、メディチ家の依頼でフィリッポ・ブルネレスキが設計したもので、1419~1442年にかけて建設された。ファザードは未完成のまま終わったが、このため典型的なイタリアルネサンス様式を今日まで伝えていて、ミケランジェロなど当時の巨匠などがその建設に参加した。主祭壇近くにある2つのブロンズの説教壇はドナテッロの作品で、左廊側の礼拝堂にはR.フィオレンティーノの「マリアの結婚」がある。教会内にあるラウレンツィアーナ図書館は、メディチ家出身の法王クレメンス7世が一族の蔵書を収蔵するために、ミケランジェロの設計により建設したものである

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

サンロレンツォ教会の関連キーワードエルベ広場ルガノ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android