サン・テブルモン(読み)さんてぶるもん(英語表記)Charles de Marguetel de Saint-Denis de Saint-Evremond

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サン・テブルモン
さんてぶるもん
Charles de Marguetel de Saint-Denis de Saint-Evremond
(1613―1703)

フランスの批評家。ノルマンディー生まれ。フロンドの乱の間、終始王党派に属し宰相マザランに重用されたが、反国王的な『クレキー伯への手紙』Lettre au marquis de Créqui(1659)が発覚してイギリスへ亡命、この地で生涯を終えた。『アカデミストの喜劇』Comédie des académistes(1650)、『ローマ人の多様な天分に関する考察』Réflexions sur les divers génies (1662)など多くの著作がある。その自由思想家的な鋭さは18世紀の哲学者の先駆をなした。

[目黒士門 2015年5月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android