コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・パウロ・ビエンナーレ サンパウロビエンナーレ

百科事典マイペディアの解説

サン・パウロ・ビエンナーレ

1951年にブラジルのサン・パウロに創設された隔年開催の国際美術展ベネチア・ビエンナーレと重複しない年にサン・パウロ近代美術館で開催される。日本は第1回展から参加しており,棟方志功(第3回),浜口陽三(第4回),斎藤義重(第6回)など受賞作家も多い。
→関連項目サン・パウロ美術館ビエンナーレ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のサン・パウロ・ビエンナーレの言及

【ビエンナーレ】より

…第2次大戦後,現代美術の世界的な同時性をふまえてその課題を探り,各国の美術家の交流をもはかってゆこうとする考え方が幾つかの国際美術展を生み出した。そのなかで,19世紀から存在していたベネチア・ビエンナーレ(1895創設),サン・パウロ・ビエンナーレ(1951創設),パリ青年ビエンナーレ(1959創設),また版画専門のリュブリャナ・ビエンナーレ(1952‐70),クラクフ・ビエンナーレ(1966創設)などの隔年展が主たる役割をになってきた。国際的規模のため毎年あるいは隔年の開催は困難なところから,さらには2年おき(トリエンナーレtriennale),3年おき(クアドリエンナーレquadriennale)のものが構想された。…

【美術展覧会】より

… 19世紀に入ると,国内的な美術展覧会ばかりでなく,国際的な美術展覧会が各国で開催されることになり,最初の国際的な美術展覧会は1863年にミュンヘンで開催されたものとされる。現在,定期に開催されている国際美術展の最古の伝統をもつのは,1895年に第1回を開催し,それ以後一時中断したこともあるが,2年目ごとに開催しているベネチア・ビエンナーレであり,第2次大戦後では,サン・パウロ・ビエンナーレ(1951‐),毎日新聞社主催の日本国際美術展(通称〈東京ビエンナーレ〉,1952‐70)などがある。版画の国際展はアメリカ,スイス,ユーゴ,ポーランドなどで定期に開催され,1957年東京国立近代美術館において第1回東京国際版画ビエンナーレ展が開かれている。…

※「サン・パウロ・ビエンナーレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サン・パウロ・ビエンナーレの関連キーワードラファエール・G. カノガールマルチェルロ マスケリーニE.di カバルカンティアルフレッド マネシエバーバラ ヘップワースピエール スーラージュエドゥワール ピニョンバーネット ニューマンエルンスト フックスJ.M. フォロン大岩 オスカールオタ ヤネチェクジョアン ポンスカバルカンティ小山田 二郎富岡 惣一郎スーラージュヘップワース猪熊弦一郎棟方 志功

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android