コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島倉千代子 しまくらちよこ

知恵蔵の解説

島倉千代子

日本の歌手。1938年生まれ、東京都出身。
54年第5回コロムビア歌謡コンクールに出場し「涙のグラス」を歌って優勝。日本コロムビア事務所の専属となる。55年に「この世の花」でデビュー。同曲が大ヒットとなり、人気歌手となる。以降も57年の「東京だョおっ母さん」、58年の「からたち日記」などヒット曲を続けて発表。89年の「人生いろいろ」は約130万枚を売り上げ、京浜急行電鉄青物横丁駅の電車接近メロディーにも採用された。
NHK紅白歌合戦には、57年の初出場以来、2004年まで35回出場した。これまでの歌手人生で歌った曲は1500曲以上にもなる。
1968年、75年日本レコード大賞特別賞、88年日本レコード大賞最優秀歌唱賞など受賞多数。また、「人生いろいろ」は87年日本レコード大賞作詞賞、87年日本作詩大賞を受賞した。その他、98年日本ジュエリーベストドレッサー賞、99年ベストジーニスト賞を受賞。99年には、秋の紫綬褒章を受章した。
63年、当時阪神タイガースに所属していたプロ野球選手、藤本勝巳と結婚するが、68年に離婚。その後も、知人の10億円以上の借金の肩代わり、闘病など、波乱の人生を送った。93年に乳がんで手術を受け、治療の後遺症で声が出なくなるが、根気よくトレーニングを続け復帰。しかし2010年には肝臓がんを発症し、入退院を繰り返し、13年11月8日に死去。享年75。
14年がデビュー60年の節目に当たるため、13年12月に新曲「からたちの小径」を発売。この曲は南こうせつ氏に作曲を依頼したもの。亡くなる3日前に島倉本人の求めにより、急きょ自宅スタジオで録音された。発売週に2万2千枚を売り上げ、12月30日付けのオリコン週間シングルランキングで7位を獲得。これまでの最高位は「人生いろいろ」で獲得した16位だったが、大きく記録を更新し、演歌・歌謡ランキングでは首位となった。

(富岡亜紀子  ライター / 2014年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

島倉千代子【しまくらちよこ】

歌謡曲歌手。東京都品川区出身。警察官の家庭に生まれる。1953年日本音楽高等学校に入学,歌謡コンクールに参加しはじめ1954年日本コロンビア全国歌謡コンクールで優勝し,同社と専属契約を結ぶ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島倉千代子 しまくら-ちよこ

1938-2013 昭和後期-平成時代の歌手。
昭和13年3月30日生まれ。昭和29年歌謡コンクールで優勝,日本コロムビアに入社。30年デビュー曲「この世の花」が大ヒット。以後「逢いたいなァあの人に」「からたち日記」「恋しているんだもん」「人生いろいろ」などおおくのヒットを生む。女優として多くの映画・ドラマにも出演した。平成25年11月8日死去。75歳。東京出身。日本音楽高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

島倉千代子

日本の歌手。1938年3月30日、東京都生まれ。日本音楽高等学校在学中の1955年に歌手デビュー。デビュー曲「この世の花」の大ヒットで人気歌手となり、以後、「東京だョおっ母さん」「からたち日記」などヒット曲を連発。88年には「人生いろいろ」で日本レコード大賞の最優秀歌唱賞を受賞した。NHKの紅白歌合戦には57年の初出場以来、2004年までに35回出場。およそ60年にわたる歌手人生で歌った曲は1500曲以上に上る。私生活では、当時、阪神タイガースに所属していたプロ野球選手、藤本勝巳との結婚・離婚、10億円を超える他人の借金の肩代わりなど、波瀾万丈の人生を送ったが、そうした体験を歌に活かし、世代を超える人気を得た。1993年に乳がんの手術を受けた後、復帰を果たしたが、2010年に肝臓がんを発症。以後、入退院を繰り返し、13年11月8日に死去した。享年75。

(2013-11-12)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

島倉千代子の関連キーワード浜口 庫之助コント55号竹岡 信幸井上千恵子山岡 久乃沢村 竜王宮田 東峰美空ひばり当摩紗瑛市川昭介坂上二郎波島陽子万城目正春村哲祥山本香織長倉孝遠藤実サード岸谷香

島倉千代子の関連情報