コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーモファックス

2件 の用語解説(サーモファックスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

サーモファックス

米国のスリーエム社が1950年に開発した赤外線方式複写機の名称。卓上型で乾式という特徴が受け入れられ,60年代まで世界に普及した。原稿を密着して赤外線で照射すると複写写真ができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サーモファックス【Thermofax】

アメリカのスリーエム社が1950年に開発した赤外線方式複写機の商品名。卓上型で,複写スピードが4~5秒と速く,薬品や薬液を使用しない乾式であるなどの特徴から,50年代から60年代にかけて世界的に普及した複写機。複写方式は,原稿の上に熱が加わると発色する感熱層を塗布した専用の複写用紙を重ねて赤外線を照射するもので,原稿の白い部分は赤外線を反射してしまうが,黒い部分は赤外線を吸収して温度が上昇し,複写用紙の感熱層がこの熱に反応して発色作用を起こし文字や画像を形成する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サーモファックスの関連キーワードAMRアメリカの声アメリカンリーグアングロアメリカアーリーアメリカンアメリカンチェリーアメリカンドリームIAMアメリカの空

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone