コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーモファックス

2件 の用語解説(サーモファックスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

サーモファックス

米国のスリーエム社が1950年に開発した赤外線方式複写機の名称。卓上型で乾式という特徴が受け入れられ,60年代まで世界に普及した。原稿を密着して赤外線で照射すると複写写真ができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サーモファックス【Thermofax】

アメリカのスリーエム社が1950年に開発した赤外線方式複写機の商品名。卓上型で,複写スピードが4~5秒と速く,薬品や薬液を使用しない乾式であるなどの特徴から,50年代から60年代にかけて世界的に普及した複写機。複写方式は,原稿の上に熱が加わると発色する感熱層を塗布した専用の複写用紙を重ねて赤外線を照射するもので,原稿の白い部分は赤外線を反射してしまうが,黒い部分は赤外線を吸収して温度が上昇し,複写用紙の感熱層がこの熱に反応して発色作用を起こし文字や画像を形成する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

サーモファックスの関連キーワード冤罪現代資本主義中南米映画人口爆発日野TH10型トラックATG国勢調査社史新日本文学女性団体

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone