コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザイサン湖 ザイサンこ ozero Zaisan

2件 の用語解説(ザイサン湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザイサン湖
ザイサンこ
ozero Zaisan

カザフスタン東端部にある湖。アルタイ山地タルバガタイ山脈の間の地溝帯に位置する。オビ川の支流イルトゥイシ川が東岸から流入し,北西岸から流出する。面積は当初約 1800km2であったが,湖の下流のイルトゥイシ川にブフタルマ水力発電所が建設された結果,湖の水位が上昇,総面積も 5500km2となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザイサン湖
ざいさんこ
Зайсан Zaysan

カザフスタン共和国東部にある湖。タルバガタイ山脈、サウル山脈および南アルタイ山脈に囲まれた盆地にある。中国領からチョールヌイ・イルティシ川(「黒いイルティシ川」の意)が流入し、湖北部からイルティシ川本流(白いイルティシ川)となって流れ出している。かつての湖面積は約1800平方キロメートルであったが、ブクタルミンスク・ダムの建設により約5500平方キロメートルに拡大した。漁業が盛んでチョウザメがとれる。[小宮山武治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ザイサン湖の関連キーワードカザフバルハシ湖ペトロパブロフスクアスタナӨскеменРиддерドンブラカザフ族ベルーハ[山]カザフ種 (Kazakh)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone