コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザポロージエ州 ザポロージエZaporozhye

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザポロージエ〔州〕
ザポロージエ
Zaporozhye

ウクライナ南東部の州。州都ザポロージエ。黒海沿岸平原の東部を占め,アゾフ海にのぞむ州で,東部に小丘陵地帯があるほかは大部分が低平なステップ地帯となっており,北西境にほぼ沿ってドネプル川が流れている。ザポロージエを中心にメリトーポリベルジャンスクなどの諸都市がドネプル重工業地帯を形成,鉄鋼,機械,自動車などの工業が行われる。また,ステップ地帯の開拓も進み,州面積の4分の3が農牧地となっており,コムギ,トウモロコシを中心に,ジャガイモ,メロン,ヒマワリ,ブドウなどの栽培が行われる。北部の酪農,アゾフ海沿岸のヒツジの飼育なども重要な産業となっている。面積2万 7200km2。人口 209万 9600 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ザポロージエ州の関連キーワードキリレンコマフノ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android