コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザンクトヨハン修道院 ザンクトヨハンシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

ザンクトヨハン‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【ザンクトヨハン修道院】

Kloster Sankt Johann》スイス東部のミュスタイア渓谷にあるベネディクト修道会の修道院。780年にフランク王カール大帝の命により創建された、スイスに残るカロリング朝最古の建造物。12世紀以降は女子修道院となった。聖堂の内壁は、旧約聖書新約聖書に基づく82の場面を描いたフレスコ画で覆われている。1983年「ミュスタイアのベネディクト聖ヨハネ修道院」として世界遺産(文化遺産)に登録された。聖ヨハネ修道院。聖ヨハネ‐ベネディクト会修道院。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ザンクトヨハン修道院の関連キーワード聖ヨハネ修道院ヘルダー教会ゲッティンゲン詩派ティシュバインエッタール修道院マウルブロン修道院フィルヒナーシュトラウス草木図説シュトラウス

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android