コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアンヒドリン cyanohydrin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シアンヒドリン
cyanohydrin

オキシ酸ニトリルともいう。分子中にニトリル基 -CN および水酸基 OH をもつ化合物の総称。アルデヒドまたはケトンシアン化水素を作用させてつくる。アルカリの作用でもとの化合物とシアン化アルカリとに分解する。有機合成出発物質として有用である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シアンヒドリン【cyanhydrin】

1分子内に水酸基-OHとシアン基-CNを同時にもつ化合物の総称。水酸基とシアン基の相対位置によりα‐シアンヒドリン,β‐シアンヒドリンなどのように区別して呼ぶ。特記しないときは通常α‐シアンヒドリンのことをさす。代表的な合成法に次のようなものがある。(1)アルデヒドまたはケトンにシアン化水素を作用させる。(2)アルデヒドあるいはケトンと亜硫酸水素ナトリウムとの付加物にシアン化アルカリを作用させる。(3)エポキシドとシアン化水素を反応させる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

シアンヒドリンの関連キーワードメタクリル酸メチル樹脂亜硫酸水素ナトリウムオキシ酸ニトリルアミグダリンアクリル酸シアン基グロン酸杏仁水

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android