コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアン化カルシウム シアンかカルシウム calcium cyanide

2件 の用語解説(シアン化カルシウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シアン化カルシウム
シアンかカルシウム
calcium cyanide

化学式 Ca(CN)2 。市販品は純度 40~50%。無色粉末。湿った空気中で分解し,シアン化水素を生じる。猛毒。水に可溶,弱酸または二酸化炭素によっても容易に有毒なシアン化水素を発生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シアン化カルシウム
しあんかかるしうむ
calcium cyanide

カルシウムのシアン化物カルシウムシアナミド石灰窒素主成分)と炭素に融剤として塩化ナトリウムを加え、1000℃以上に加熱後、急冷して製造する。化学式Ca(CN)2、式量92.1。
  CaCN2+C―→Ca(CN)2
無色の粉末で、水に容易に溶け加水分解する。酸によって分解しシアン化水素を発生する。350℃で分解しカルシウムシアナミドと炭素とに戻る。鉄()塩と反応してヘキサシアノ鉄()酸塩を与えるので、フェロシアン化カリウム(黄血塩)の製造に用いられる。そのほか金、銀の抽出(青化法)、殺虫剤などの用途がある。猛毒で、空気中の水分および二酸化炭素によってシアン化水素を発生するので、密栓して保存しておく必要がある。[鳥居泰男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シアン化カルシウムの関連キーワード酢酸鉛次亜塩素酸カルシウムシアン純度硝酸ウラニル硫酸アルミニウム紺青CNガスモノシランアルドリン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone