青化法(読み)セイカホウ

大辞林 第三版の解説

せいかほう【青化法】

金銀鉱に対する湿式製錬法の一。砕いた鉱石に青化物(シアン化カリウムまたはシアン化ナトリウム)溶液を加えて攪拌し金および銀を浸出させ、他のものを分離して採集する。シアン化法。
鉄鋼の表面硬化法の一。青化物を用いて表面に窒素を浸透させ、滲炭しんたんよりも薄い硬化層を形成する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青化法
せいかほう
cyanidation process

金銀鉱から金銀を製錬する方法の一つで、シアン溶液を溶媒として用いるためこの名がある。金銀製錬法では鉱石中にごく微量しか含まれていない金銀を効率よく抽出することが必要である。このような性質をもつ溶媒としては、水銀あるいは金属硫化物の混合融体である溶融マット((かわ))があり、それぞれ混汞(こんこう)法、マット溶錬副産法として金銀製錬に用いられているが、そのほかに金銀は酸素の存在下でシアン水溶液に溶解することが知られており、これを利用した製錬法が青化法である。
 ケイ酸質金銀鉱はまず粉砕機により荒砕きし、青化剤としての青化ソーダと消石灰を加えてボールミルでさらに細かく砕きながら溶解させる。これを反応槽に入れて空気を強く吹き込んで長時間反応させる。青化剤には青化カリでもよいが、経済上の理由から青化ソーダが一般に用いられる。青化法の浸出反応には十分な酸素が供給される必要があるので、圧縮空気を吹き込み強力な攪拌(かくはん)を行う浸出反応槽(たとえばパチュカ槽)を用いる。このようにして得た青化溶液に亜鉛粉末を加え、電気化学的性質の差を利用して金銀を沈殿させる。これを分離して不純物を除き、溶融して金銀合金陽極とし、電解精製によって金銀を順次分離回収する。得られる電気金、電気銀の品位はいずれも99.99%以上である。[阿座上竹四]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せいか‐ほう セイクヮハフ【青化法】

〘名〙
① 金・銀の製錬法の一つ。粉砕した鉱石に青化液(シアン化カリウム、シアン化ナトリウムなどの溶液)を加えて攪拌し、できた液に亜鉛などの沈澱剤を加えて金・銀分をとり出すもの。シアン化法。
② 銅の表面硬化法の一つ。青酸カリを用いて、表面に窒素を浸透させる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の青化法の言及

【金】より

…また粗鉛の精製時の副産物としても回収される。金の製錬法にはほかにシアン化法(青化法)がある。酸素が存在する条件で金はシアン化ナトリウムNaCNの希薄水溶液(NaCNで0.05~0.25%)中に錯イオンの[Au(CN)2]として溶解する。…

※「青化法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android