シェイプト・カンバス(英語表記)shaped canvas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

形づくられたカンバス。作者によって特殊な形を与えられたものであり,長方形でないカンバスを特に意図的に使用する場合にこう呼ぶ。菱形,L字型,半円多角形やそれらの組み合わせなど,多種多様な型が可能。それらのカンバスを用いた作品自体もこの名で呼ばれる。A.グリーンのように具象画で使われる場合もあるが,基本的には抽象画の必然的な発展過程のなかで生まれたものであり,純粋な物体としての絵画ハード・エッジから発展したものとみられる。そこでは絵画の「地」と描かれた表面との差異は解消する。1960年代初頭のフランク・P.ステラが開始したといわれ,ケネス・ノーランドやロバート・マンゴールドも使用した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android