コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェノン Chénon, Paul-Philippe-Joseph-Émile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェノン
Chénon, Paul-Philippe-Joseph-Émile

[生]1857.5.16.
[没]1927.4.11.
フランスの法制史学者。レンヌ大学,パリ大学教授を歴任。地方史や宗教史の分野に及び視野の広い総合的な研究を行なった。主著『起源より 1815年にいたるフランスの公法と私法の歴史概説』 Histoire générale du droit public et privé des origines à 1815 (1926~29) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シェノン【Émile Chénon】

1857‐1927
フランスの法史学者。検事を父とし,理工科大学校卒業後,一時軍人となったが,法学,歴史学の研究に専念,1881年法学博士,翌年レンヌ大学に赴任,95年以降パリ大学法学部教授としてオリビエ・マルタンら多くの法制史家を育てた。地方史,教会史の多くの業績のほか,法制史講義を発展させた主著《フランス公法私法全史》(1926‐29)は明晰かつ謹厳な学風の集大成である。〈あらゆる歴史家は法学者でなければならず,あらゆる法学者は歴史家でなければならぬ〉ことをモットーとしていたと言われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

シェノン

生年月日:1857年5月16日
フランスの法制史学者
1927年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

シェノンの関連キーワード生年月日

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android