コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェパートン Shepparton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェパートン
Shepparton

オーストラリア,ビクトリア州中北部,メルボルンの北約 180kmにある都市。ゴールバーン川 (マレー川の支流) 沿岸に位置する。付近は豊かな灌漑農牧地域で,果樹,野菜をはじめとする農産物の集散・加工地,商工業中心地。人口2万 5251 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シェパートン(Shepparton)

オーストラリア、ビクトリア州北東部の都市。メルボルンの北約180キロメートル、ゴールバーン川沿いに位置する。灌漑(かんがい)による果物や野菜の生産および酪農が盛ん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シェパートン
しぇぱーとん
Shepparton

オーストラリア、ビクトリア州中部の都市。メルボルンの北、道路で180キロメートルの距離にある。人口3万1945(1996)、シェパートンを含む大シェパートンGreater Shepparton市の人口5万5210(2001)。マリー川の支流ゴールバーン川の渡河地点に位置し、ゴールバーン灌漑(かんがい)地区(果樹、野菜、酪農)の中心都市。食品工場、試験場、農業学校などがある。1853年入植。[谷内 達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シェパートンの関連キーワードフィリップ ターナージョン ブアマンオーストラリア谷内

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android