コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェンケンドルフ Schenkendorf, Max von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェンケンドルフ
Schenkendorf, Max von

[生]1783.12.11. ティルジット
[没]1817.12.11. コブレンツ
ドイツの詩人。初め法律を学び,プロシア参事官となったが,ナポレオン戦争に参加するうち歌曲をつくるようになった。ロマン主義の影響を受けて,ドイツ帝国に対する熱狂的な忠誠を歌った愛国詩が多い。『詩集』 Gedichte (1815) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シェンケンドルフ
しぇんけんどるふ
Max von Schenkendorf
(1783―1817)

ドイツの詩人。東プロイセンのティルジットに生まれる。ケーニヒスベルク大学に学び、生地で司法官試補。1807年アルニムやフィヒテらと雑誌『ウェスタ』、08年には『シュトゥーディエン』を発刊。決闘によって片腕をなくしていたが「解放戦争」に参加。戦後はコブレンツの事務官。軍隊と民衆に愛唱された愛国的な詩『母国語』『自由』などを書いた。[冨田 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シェンケンドルフの関連キーワード12月11日

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android