コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェンケンドルフ シェンケンドルフSchenkendorf, Max von

2件 の用語解説(シェンケンドルフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェンケンドルフ
シェンケンドルフ
Schenkendorf, Max von

[生]1783.12.11. ティルジット
[没]1817.12.11. コブレンツ
ドイツの詩人。初め法律を学び,プロシア参事官となったが,ナポレオン戦争に参加するうち歌曲をつくるようになった。ロマン主義の影響を受けて,ドイツ帝国に対する熱狂的な忠誠を歌った愛国詩が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シェンケンドルフ
しぇんけんどるふ
Max von Schenkendorf
(1783―1817)

ドイツの詩人。東プロイセンのティルジットに生まれる。ケーニヒスベルク大学に学び、生地で司法官試補。1807年アルニムフィヒテらと雑誌『ウェスタ』、08年には『シュトゥーディエン』を発刊。決闘によって片腕をなくしていたが「解放戦争」に参加。戦後はコブレンツの事務官。軍隊と民衆に愛唱された愛国的な詩『母国語』『自由』などを書いた。[冨田 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シェンケンドルフの関連キーワード天明の飢饉桂川甫三木室卯雲真如海唐来参和ボリーバル鎌原村遺跡児童文学森田勘弥浅間山

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone