シェークスピア物語(読み)しぇーくすぴあものがたり(英語表記)Tales from Shakespeare

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シェークスピア物語
しぇーくすぴあものがたり
Tales from Shakespeare

イギリスの随筆家チャールズラムと姉メアリとの共同作品。1807年刊。子供が古典に近づく助けにしたい希望から、シェークスピアの劇作品中20編を選び、喜劇はメアリが、悲劇はチャールズが、子供向きに再話した。複雑な構成の原作を簡潔にし、原作の精神をとらえ、せりふのことばをそのまま生かそうとした意図が成功して、児童文学の古典の一つとされている。収録された作品は『あらし』『真夏の夜の夢』『冬の夜話』『お気に召すまま』『ベロナの二紳士』『ベニスの商人』『リア王』『マクベス』『じゃじゃ馬馴(な)らし』『十二夜』『ロメオとジュリエット』『ハムレット』『オセロ』『から騒ぎ』『シンベリン』『終りよければすべてよし』『まちがいの喜劇』『しっぺがえし(尺には尺を)』『アセンズのタイモン』『ペリクリーズ』である。[神宮輝夫]
『『シェイクスピア物語』(松本恵子訳・新潮文庫/野上弥生子訳・岩波少年文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

シェークスピアものがたり【シェークスピア物語】

《原題Tales from Shakespeareチャールズ=ラムと、その姉メアリー=ラムの共著による、シェークスピア作品を子ども向けに易しく書き直した作品集。1807年刊。チャールズが悲劇、メアリーが喜劇を担当。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

シェークスピアものがたり【シェークスピア物語】

(原題Tales from Shakespeare) 作品集。メアリ=ラム、チャールズ=ラム共作。一八〇七年発表。少年少女のためにシェークスピア全作品から喜劇一二編、悲劇八編を平易な短文に書き直し集成。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android